<山岡荘八『徳川家康』雑記>

     
  山岡荘八『徳川家康』の読書感想です(^^ゞ。

2017年4月〜2018年にかけて、「今週のご挨拶とお知らせ」に載せた中から、読書感想の部分だけを抜粋して、こちらに転写しました。

最初にお断りしておかなくてならないのは、特に山岡荘八のファンでも、徳川家康の贔屓でもありません(^_^;)。

こうして自分のサイトに、特別枠を設けて連載すると、「よほど好きなんだろうな」と思われそうですが、そうではありません。

だからと言って、別に嫌いなわけでも、それゆえここで酷評してるつもりも、これまたありません。

この小説は世界で一番長いそうです。
どこに何が書かれ、どう感じたのか、書き残しておかないと、後で「何巻を探せばどこの部分が出て来るか」自分でも思い出せそうもないので、備忘録という感じです(^_^;)。

今まだ読んでる最中ですが、近い内に読み終わると思います。
その後(読了後)の展開については、まだ決めてませんが、何らかの形でコーナーを続けるような気もします(^_^;)。

(2018/07/22)
 
     


     
 
<山岡荘八『徳川家康』雑記>
はじめに  
01、2017年4月のご挨拶から  ↓ 06、2018年1月のご挨拶から  ↓
02、2017年5月のご挨拶から 07、2018年4月のご挨拶から
03、2017年8月のご挨拶から 08、2018年6月のご挨拶から
04、2017年9月のご挨拶から  
05、2017年11月のご挨拶から  →  
 
     



ホーム
 壁紙「篆刻素材AOI」